未修・理系社会人がゼロから始める司法試験予備試験受験・中大通教奮闘記

貧乏勤務医が人生とキャリアにプラスを求め、ゼロから予備試験→司法試験を受験する過程を赤裸々に。2020/4月、中央大学法学部通信教育課程3年次編入。

所有権絶対の法則

所有権絶対の法則とは、「所有権は不可侵の権利であり、国家を含めあらゆる人為的拘束を受けない」という法則であり、近代私法における3つの基本原理・原則のうちの1つである。

日本国憲法では第29条において基本的人権の一つとしての財産権を定めており、所有権は財産権の最も重要なものとして、公共の福祉に反しない範囲で保護を受けている。

所有権については民法第206条において、法令の制限内で自分の所有物を自由に使用・収益・処分できることが定められている。

また、民法に明文はないが解釈上、所有権を侵害しようとする他者に対しては、所有権に基づきその侵害を排除できるとされている。