未修・理系社会人がゼロから始める司法試験予備試験受験・中大通教奮闘記

貧乏勤務医が人生とキャリアにプラスを求め、ゼロから予備試験→司法試験を受験する過程を赤裸々に。2020/4月、中央大学法学部通信教育課程3年次編入。

根抵当

根抵当とは、債権を指定して担保する一般の抵当権とは異なり、あらかじめ定めた一定の範囲における不特定の債権を、あらかじめ定めた極度額の範囲で担保する抵当権のことを指す(民法第398条の2第1、2項)。

この場合における「不特定の債権」とは、債務者との特定の継続的な取引契約や銀行取引など一定の種類の取引から生じる債権(民法第398条の2第2項)、また手形上・小切手上の請求権、電子記録債権(民法第398条の2第3項)に限定される。

極度額とは根抵当権に基づいて優先弁済を受けることのできる上限額のことを指す。極度額の範囲は元本だけではなく、元本に加え利息やその他の定期金・損害賠償なども含んだ債権極度額である(民法第398条の3第1項)。

根抵当権は債務者と債権者が設定契約を交わすことによって生じ、第三者への対抗要件は登記である。